スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
In memory of Jojo...4
2011 / 01 / 05 ( Wed )
横取りおババのディディです (^^;;

カクカクシカジカの諸事情をすっ飛ばし 二ヶ月を経てジョジョの横取りに成功した私は次の段階へ進む。

先ずは、実家の母対策。
とっくに「犬鑑札登録」を済ませてるのに、「未だお預かり」を装うのに少々疲れてきた。
これはお散歩犬友に協力を要請。

当時、実家と我が家の中間点にある「東綾瀬公園」で母と毎朝ランデブーが日課だった。
藤棚の下のベンチで、毎朝「ワンコミーティング」に二人揃って参加。
(当時のワンコミーティングのメンバー...殆ど虹組みだよ...(ノД`)!)

そこで犬友の工作が始まる...
「ココまで長く預かった後で、他のお家に貰われるのは可哀相よねぇ~」 とか
「環境変わるとストレス溜まるって云うし、大丈夫かしら!?」 とか
ガンガンやってもらった。

「このサイズのワンちゃんは、庭付きのお家じゃないと無理でしょ」 とか
「折角、良い環境を用意してくれてる里親さんがいるから」 とか云っていた母が、柔軟な姿勢を見せ始めた。

そして、ランチへご招待。
「実はね...」と切り出し、「あぁ~んな事 こぉ~んな事」を説明したりでっち上げたりした。
そうよ! 私は平気で嘘もついたのよっ!!!
(ジョジョの為だしさぁ~ 時効だよねっ...時効♪)

なんの事は無い 母の「なんかさぁ~ そんな事だと思ってたのよね」の一笑で解決。
晴れてジョジョは、大っぴらに我が家の子になった。
いやいや既に大っぴらだったのに、母が知らなかっただけでした。

一言注釈入れます。
この間、迷い犬その他の問い合わせは、警察・動物病院・保健所関係からは一件もなかった。
ジョジョを見に来るとか電話の問い合わせも、本当に無かった。

そこで、初めて健康診断へ連れて行った。
前にも話したけど、余りにも躾がきちんと入っていたので
「きっと可愛がられてた」とか「大事にされていた」とか勝手に思ってた。
「どうやら、それは違うなっ....(-_-メ)」と思うに至るわけだ。

ジョジョはフィラリアに罹っていた┏(゚ロ゚;)┛
当時の私にとって「フィラリア=死んぢゃう!!!」だったので、いきなり腰が抜けそうになった。
「こんなはずぢゃ.....」絶句する私に、「あっ! 治せるから大丈夫だよぉ~ん♪」と獣医師。

手術とか長期の投薬とか劇薬の使用とか、幾つかの選択肢の説明を受けた。
ジョジョは若く体力があるので、体重が増えて体がしっかり出来上がった頃に、劇薬を使って心臓に付いた成虫を退治する事にした。
砒素系の劇薬だって。
2回のお注射で経過観察必要な、一晩お泊まりコース。
それまでは、普通に生活してて大丈夫だって云われて安心して帰ってきた。
数ヵ月後に実施して、フィラリアとはトットトおさらばした。

歯の状態や骨格、毛の長さから云って月齢7~8ヶ月だろうと言われた。
1~2ヶ月の誤差はあるかも...とは言われたけど。
実際、一時預かりの時のヒートが初ヒートだったらしい。
診察時の体重が17㎏。
もう少し大きくなると思ったら20kg止まりの小粒ゴルになった。

遡って考えれば、ジョジョは夏子だった筈。
フィラリア予防してもらってなかったんだね....。
大きな音や男性の怒声に怯えるジョジョ。
棒もダメだった。
やっぱり、虐待....遺棄!? に、思い至った。

img013.jpg
犬相撲で絡む二人....若かったわねぇ~♪

img012.jpg
初めてだったかな!? 葛飾区の水元公園に行ったとき♪

今じゃ
殿様、もうポニーテール無いし....ハゲぢゃないわよっ ハゲぢゃ!!!
ぶぅ婆はこんなにジャンプ出来ないし...
ジョジョはいないし....
私は...色々....だし!?

さすがジョジョ、 いつも私を目で追ってた♪










スポンサーサイト
05 : 24 : 45 | Jojo | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<In memory of Jojo...5 | ホーム | In memory of Jojo...3>>
コメント
--なるほどー。--

ジョジョちゃんが、ディディさんちの子になったのには
こんな裏話があったんですねー。
ああ、でもジョジョちゃんったら本当に幸せでしたね。
フィラリア予防もしてもらえなかった環境だったなんて。
もしかしたら虐待されてたかもしれないなんて。
よかった~。
最後の写真、いいですねー。ぶぅちゃんのジャンプもまたスゴイ!
by: すみ * 2011/01/05 07:30 * URL [ 編集] | page top↑
--すみさん--

振り返ってみると遠い昔のような、つい最近のような...
不思議な感じがします。

思い出す内容も時間的に前後していたりして、
記憶が曖昧になっているのかと不安になることがあります。
でもそうじゃなくって、ジョジョには逸話や武勇伝的エピソードが
本当に少ないんです。

あぁ~っ...余りにも良い子過ぎるのも罪♪

それは置いといて....時には、色々思い出すこと自体が辛い事もあり、
ブログの更新に時間がかかちゃってます(言い訳がましい...)

by: ディディ * 2011/01/05 09:44 * URL [ 編集] | page top↑
--No title--

お母様も、一笑でジョジョちゃんを迎え入れてくれて晴れてデイデイさん一家の子ですねv-238
パパさんとの3ショット、幸せな1枚。大切な写真ですねv-286
フィラリアにかかってたんですね・・辛い目にあってたのかもしれないと思うと胸が痛みますが、デイデイさん宅の子になれて、幸せだったと思いますv-354
by: ユウ * 2011/01/06 12:27 * URL [ 編集] | page top↑
--ユウさん--

そうなんですよ! 実家の母が以外にスンナリ受け入れてくれてよかったです♪
当時はまだ、我が家は母の意見が絶大でしたから(苦笑)
今は甘えん坊のおばあちゃんで、子供還りしちゃってます。
殿様はマスオさん状態v-222

写真はいつも私がシャッター押す人なので、娘達との写真が少ないですv-395
殿様が撮影すると、殆ど頭が切れちゃうからなんですけど。
写真センスがまったく無いので任せられません。

こんな経緯で我が家の子になってもらいました。
それなのに病気にとられてしまって...悔しいです。
by: ディディ * 2011/01/06 15:30 * URL [ 編集] | page top↑
--ありがとうございます--

ディディ さん、こんにちは。

今年もどうぞよろしくお願い致します♪

また、ゆっくり遊びにこさせてくださいね。

これからも、ジョジョちゃんとのラヴラヴページを
楽しみにしています。
by: だびこ * 2011/01/07 13:44 * URL [ 編集] | page top↑
--だびこさん--

今日からお仕事ですね♪
お忙しいのに、早速のコメントありがとうございました。

私のほうこそJJの成長を、楽しみに拝見させて頂いています。
今年も一年、宜しくお付き合いください。

by: ディディ * 2011/01/07 14:03 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://uchaki.blog84.fc2.com/tb.php/81-2da114a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。