スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
ドッグショーデビュー....私ですけどナニか!?
2012 / 03 / 20 ( Tue )
18日の日曜日、初めてドッグショーへ行った?
群馬県館林市役所前で開催されたドッグショー。
ネットで質問させて頂いて丁寧に色々なことを教えてくださったガーシュウィンさんと、その可愛い子達に会う為、引篭りの私が出かけたっ(;゚Д゚)!

私に負けず劣らず引篭りの殿様も”ゴルゴル見る為なら、拙者も行かずばなるまい(`・ω・´)”との事で、一緒にお出かけ?
一人で運転して往復するのは....”イヤだわぁ~(;´Д`)”なんて思ってたから、結構嬉しかった。
...ってか、やっぱり運転してもらった方が楽チンだもんねぇ~(´∀`*)ウフフ

そしてそして、念願の愛しい可愛子ちゃん達に逢えました(*'▽'*)♪
IMG_0039.jpg
メイベリンママと娘のアメリアちゃん?
アメリアちゃんの方が、少しボディーが大きい位だった。
アメリアちゃんはまだ生後13ヶ月なんだけど、とてもオットリした女の子。
ママのメイベリンちゃんもオットリさんで、二人ともとっても穏やかな可愛い優しい子達でした。

ぢゃっチョット手を抜いて、画像を連続でご覧下さい ( ^ω^)_凵 どうぞ
市松PIC
色んなワンコさんがテンコ盛で、ワンサカいました。
   
IMG_0082.jpg
なかなか綺麗な男の子でしょ♪
でもね、お知り合いのJ君の方が断然立派だよねぇ~(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
「出展したら、絶対一位間違いないっ!」って、殿様とも話してたんだよ。

ここから、
ガーシュウィンさんに連続登場していただきます。
IMG_0088.jpg IMG_0100.jpg IMG_0127.jpg IMG_0139.jpg IMG_0157.jpg IMG_0174.jpg IMG_0194.jpg IMG_0201.jpg
 

今回、惜しくもアメリアちゃんは入賞を逃してしまいましたが、正直、私と殿様の目にはアメリアちゃんの方が入賞した子達より全然美しい子に思えました。

そしてメイベリンママ....やってくれました (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
娘の無念を晴らずべく、見事2位入賞でしたのよ オメデトウ(^▽^)ゴザイマース


ガーシュウィンさんさんはバレェをしてらっしゃるので、その走りが軽やかで美しいの。
ワンコさんと一緒に、優雅にリンクを流れるように走るの。
リードーを持つ手まで優雅なのよぉ~♬
美しいコートが波打って、更に美しかったのよぉ~♥
感動しちゃうわよぉ~(。・_・。)


それにしても、画像がイマイチでして....申し訳ございません_(._.)_ 

初めてのドッグショーで、ネットでお付き合いの始まったガーシュウィンさんとも会うことが出来て、とても嬉しかった
そして、ガーシュウィンさんのお人柄を偲ばせる事を目の当たりにして、更に嬉しかった。

ガーシュウィンさんはブリーダーさんではなく、ハンドラーさんです。
ご自身の信じるゴルのラインを守る為のみに繁殖し、販売は
目的としていない。
代々女の子を一頭だけ残し、生涯に一度だけ繁殖させてラインを継承させているのだそう。
年少のアメリアちゃんが去年生まれたばかりだから、彼女の出産は後数年先の事になりそう。


この日も、ゴルの審査が行われるリンクから離れたところにターフを張り、静かな落ち着いた雰囲気の中で待機していらっしゃった。
リンクに入る前のウォーミングアップの時から、他のハンドラーさんとの違いが
素人の私達にも見て取れた。

ガーシュウィンさんは、表情豊かな笑顔でワンコさんとアイコンタクトを取る。
リードも力を入れて引いたりしない。
リンクに入っても、笑顔で頬ずりしていた。
あくまでも、ホンワカと優しく接する。
メイベリンちゃんもアメリアちゃんも、他のワンコさんより数段リラックスしている様に見えた。
本当にワンコさんが好きで、ゴールデンレトリバー種を心から大切に思っていることがにじみ出ている....って云うか、溢れてる感じ。
ガーシュウィンさんのご主人様も、同じ雰囲気をプンプン漂わせたお方
o_ _)ノ彡☆ばんばん
似たものご夫婦でした♬

一方で、一人のハンドラーさんが何頭ものワンコさんを出展する為、かなりの数のワンコさんを同伴している方も少なくなかった。
わんわん吠えるワンコさん達に「うるさいっヽ(`Д´)ノウルサイゾ!」って怒鳴ったり、ウォーミングアップで思い通りの動きをしないと強くリードを引張たり、足で蹴飛ばしたり.....見てはいけないものを見てしまった気がした。


憶測でしかないけど、そんな人達はなぜショーに出展するのかって考えたときに、ゾッとする考えに至ってしまった。
出展して賞を獲得し、繁殖させたらパピーに高値を付けさせる為なのだろうか....なんて思った。

もちろん、
ガーシュウィンさんみたいにラインの存続と、その確認の様な意味合いで小規模で継続出展する、良心的なハンドラーさんの存在も事実であると思う。

会場で見かけた怪しげな人達....ブリーダーさんかハンドラーさんかは、私には分からない。
でも、その人達に関わってしまったワンコさん達が気にかかる。
しっかり愛されて、健やかに穏やかに暮らせることを祈って止まない。


ガーシュウィンさんと知り合って、初めての世界に足を踏み入れさせてもらった。
そして、心からワンコさんを大切にしている
ガーシュウィンさんを拝見して、次の子が来ら....と、更に色々と思いを馳せているのでございます(#^.^#)

今度は、分からない事があれば
ガーシュウィンさんに教えてもらえるもんね♬
TVじゃ「シーザーの”犬の言葉わかります”」もやってるし、次の子が来るまでタップリお勉強して、手ぐすね引いて待ってるんだもぉ~ん(*´∀`*)

さぁ、次のゴルパピーちゃんディディの元へ( ´∀`)ゞ イラッシャーイ




スポンサーサイト
17 : 07 : 21 | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。