スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
毒吐きます!!
2011 / 03 / 09 ( Wed )
住んでいるマンションのご近所に、S婆さんがお住まいなの。
このS婆さん...とんでもない毒吐きなお方。
町内の噂を聞いては尾ひれを付けて、日々創作活動に勤しんでいらっしゃる。
オマケに、自分のお母さんの介護も「汚いから絶対やらない」と豪語する、理解に苦しむお方。

私も、引越して来て早々に洗礼を受けた。
「いつ引っ越してきたのか!?」
「ダンナは何の仕事してるんだい!?」
「子供はいないのかい!?」....この辺りから始まった。

最初の頃は、「よく喋る元気なお婆さんね...(苦笑)」位だったんだけど、色々な人の噂話を口にしているのを目の当たりにして、
「このお婆さんはヤバイ....危険人物...デンジャラス!!!」と判断した。
勿論、同じマンションに住むお姉さま方からも
「S婆さんは怖いから気をつけるのよ!!!」と、ありがたいご忠告も戴いた。

そーは云っても、何年も住んでいれば立ち話くらいはするようになる。
S婆さんの家には、マルチーズちゃんもいたしね。
...ってか、ワンコ散歩や買い物帰りに路上でつかまっちゃうの。
しょうがないから、そういう時はチョットだけお付き合いした。

常々「アンタんとこは、何で子供がいないんだい!?子供の作り方知らないってワケじゃないだろぉ~!? ヒッツヒッツヒッ」とか云われた。
ガッツリ頭にきた。
私は、子供がいないことを酷く気に病むほうじゃなかったから良かったけど、同じマンションに住む不妊治療中のお友達は同じ事を云われて泣いてた。

そして、ジョジョが我が家の子になってからまた云われた。
「犬なんか増やさないで、人間の子を増やす事を考えたらどぉ~なんだい!!!」
それも、近所の奥さん達のいる前で、大きなダミ声で捲くし立てられた。
「親戚のおばさんでもあるまいし、大きなお世話なのよこのババァっ!!!」って、心の中で毒吐いてやりました。
勿論、実際には「ホントですよねぇ~♪」って、笑顔で切り替えしたけど。

実はこの後、一度妊娠して流産した。
当然、近所の人には一切公表せず。
ご近所さん達、特にS婆さんがうるさすぎて何を云われるか分らないから。
ほんと、極秘にしておいて良かった。

ジョジョが家族になった翌年に、猫のニコも家族になった。
そしたら、S婆さんにまたまた云われた。
「アンタんとこはねっ! 犬猫にかまけてるから人間様の子ができないんだよっ!!!」って。
このときは流石に、その場にいたお姉様が助け舟を出してくれた。
この時には、このS婆さんって人には匙を投げていたので、怒る気にもなれなかった。

お嫁さんは勿論、ご主人や息子さんお孫さんの悪口まで平気で近所の皆さんの前でペラペラと喋る方ですから、何をどー云おうが驚かなくなっちまったワケです。
正直、このS婆さんにはカウンセリングが必要なのでは!?と、私は真剣に考える様になった次第です。

そして去年の7月位だったかな!?
S婆さん家のお嫁さんが保護して飼いはじめたマルチーズちゃんが老衰で亡くなった。
気持ちばかりだけど、ワンコさんにと思ってお香を届けた。
後日、お嫁さんに出会ったときにお礼を言ってくださった。

9月にジョジョが亡くなった時も親しい方にだけお知らせして、ご近所には一切話さなかった。
心配されたり同情されたり....なんとなく、煩わしい気がしたから。

でも、年末も近くなったある日。
久々に、殿様とぶぅ婆と3人でお散歩に出かけた。
その帰り道に、散歩帰りのS婆さんに遭遇!!!! デンジャラーーーースッ!!!

私....「こんにちわ」と声を掛けて、そそくさとS婆さんを通り越す。
殿様...顔を引きつらせながら「どぉ~も」挨拶して通り越そうとして....捕獲された。

S婆さん:「大きいほうのイヌはどうしたのさっ!?」
殿様:「かくかくシカジカ」....簡単に事情を話してる。
S婆さん:「拾われた身なんだから、メシ食わせてもらっただけでもありがたいのに、病院まで掛からせてもらって幸せな子だよ。でも、居候の身分だからかねぇ~、最後まで肩身の狭い思いをしたに決まってるんだよ。辛い思いもしたんじゃないか!?」って云ってるのが肩越しに聞こえてきた。
振り返って怒鳴りつけたいのを我慢した。
相手がS婆さんじゃ....話にならん。

お家に帰ってきてから、殿様激怒!!!!
「あのババァっ!!! 品性のかけらも無いババァってのは知ってたけど、
あそこまでとは....男だったらぶん殴ってるぞっ(怒)」凸(-"- )
「僕は、二度とあのババァには挨拶もしない」と、絶交宣言。
もともと、絶交状態なんだけどね(笑)

S婆さんにまつわる逸話は、星の数ほど(苦笑)
他人様の自転車横取り事件...なんてのもある Σ(~□~|||) 

そして今では、彼女とお喋りする人は一人もいなくなった。
数少ないお相手は....、スーパーの店長さんとクリーニング店のおばさんだけ。
お二人ともサービス業なので避けられないの、とってもお気の毒。

私はどうかって....!?
あれ以来、会釈のみで一度も言葉を交わしてない。
大人気ないと云われてもいいの。
私の人生、彼女と過ごす時間は1秒もないのよぉ~ん(●`ε´●)ぶー


ケリカーペット
これは、ジョジョのゲーリーの犠牲となったカーペット。
いまは、ラグを敷いて隠してるのよん♪



スポンサーサイト
15 : 58 : 37 | 愚痴 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。