スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
第二の母....
2012 / 09 / 23 ( Sun )
私には、母が二人いるようなもんだ。
実母と、実母の大親友。
二人とも紆余曲折・波乱万丈の人生を送った女性。
二十歳そこそこから現在まで、お互いを叱咤激励しながら生きてきた二人。

実母は非常にスクエアな人で、若かりし頃は私と相当ぶつかった。
母娘でありながら、殴り合いの喧嘩をしたこともある。
余りにも私を型にはめ込もうとし、一挙手一投足まで管理された。
周りにいる人達が止めに入るほど、母の私への厳しいコントロールは続いた。
そんな中、母の大親友Hおばちゃんだけが私を庇ってくれた。
フレキシブルな思考の持ち主であるHおばちゃん....。
いつも元気でよく喋るHおばちゃんに、色々な局面で助けられてきた。
まだまだ、何の恩返しも出来ていないのに....。

夕べ、母にしては珍しい時間に電話をしてきた。
「Hが自殺未遂起こした」....って。
母も動揺してたけど、私も返す言葉が見つからなかった。

もともと体の弱いHおばちゃん。
この十数年、長男を亡くし体調も崩し足腰も弱ってしまい、内臓機能も低下して入退院を繰り返してた。
時折様子を見に行ってはいたけど、母も高齢で色々と障りが出てきているところで、父もマダラ呆けの症状が出てきたりしていて、どうしてもHおばちゃんのことには気が回らなかった。
母から時折様子を聞くと、余り良くない状態なんだな....って感じてたけど、そのまま放置しちゃってた。
今更反省しても、遅すぎるよね(;>_<;)

長男が亡くなったあと、次男のEとのふたり暮らしのHおばちゃん。
長男と私は幼馴染。
次男とは9歳も年が離れていたので、あまり付き合いはない。
大人になってから、酒好きの私と介護役の長男Nは、よく連れ立って夜遊びしてた。
お互い伴侶に巡り会えなかったら、同情結婚でもしよぉ~かね♪...なんて、冗談も云ってたんだよね。
勿論、お互い伴侶となるべき人にであったけど。
彼は、結婚にまでは至らなかった。
結婚話が進む中、Nは呆気なくも膜下出血で逝ってしまった。

NとEは父親が違う。
Eは30歳を過ぎるまで、その事実を知らなかった。
弟を気遣うNは家庭での問題や色々なことを、私や私の母に相談していた。
盆暮れには親戚中の子供たちにお小遣いを渡し、Hおばちゃんの誕生日には必ずお食事会を催し、何くれとなく大黒柱の役割を果たしていた。
子供の頃親戚に預けられて育ったNは、家族をとても大切にしていた。
苦労した分、本当に優しい子だった。

一方で、Hおばちゃんは次男のEを信じられないくらい甘やかした。
傍で見ていて驚くくらい甘やかした。
そしてEは、立派なオタクに育ってしまった。
40歳も過ぎて、休日は年下の子供みたいな友人たちとアキバ通い。
思うように体を動かせなくなったHおばちゃんを放置して、自分は好き勝手放題。
掃除ができなくなった自宅は、ダニの大発生。
庭の手入れができずに、原野とかした雑草類達。
余りの惨状に殿様が庭の手入れをし、私が掃除に行ってバルサンを焚いた。
食事の支度もままならなくなったHおばちゃん。
母が食事の世話をしてたけど、その母も足腰が弱って、頻繁には行けなくなってしまった。
コンビニのお弁当で凌いでいたらしい。

おばちゃんが体調を崩してもEは仕事を優先して、病院へも連れて行かない。
親戚や私の母や殿様が病院へ連れて行った。
入退院の手続きもそうだ。
そんな様子を長年見続けてきた母は、Eとおばちゃんに爆弾を落とした。

「H...あんたはね、Eを甘やかしすぎてろくでもない人間に育てたんだよ!!」
「E...あんたはね、人間じゃないよっ!! 母親を大事にするって気持ちの欠片も持ち合わせていない。
誰がみたって、あんた達親子はフツーじゃない。二人で話し合って、考え方変えない限り、
私はこれ以上協力しないからね!!」
そう言って啖呵きって来たんだって。
実際には母も体調崩していて、Hおばちゃんのウチに行くことすら難しくなってきていただけなの。
だから心配で、意図的にEに爆弾を落としたんだって...。
でもね、Eは.....何も改善してくれなかった。

体が弱いとは言え、とても社交的だったHおばちゃん。
出かけることも出来なくなって、会うたびに元気がなくなっいった。
一日中薄暗い部屋でTVを見るだけの毎日。
ヘルパーさんを頼むことやデイサービスーのこと、Eに話して聞かせたけど何も実行してくれなかった。

去年はHおばちゃんのお姉さんが亡くなった。
Hおばちゃん更に元気がなくなっちゃって、心配が深まるばかりだった。
そんな鬱々とした日々の中で、Hおばちゃんの心は蝕まれていったのだと思う。
時々電話をして「欲しいモノがあれば持って行くからね、遠慮なく電話してね♪」って声をかけても、
元気なく「大丈夫だよ」って答えるだけだった。

このままの状態にしておくことも出来ないしね....。
今、殿様と二人で色々と模索している。
老いる.....自分もそうだけど、やっぱり切なくて悲しい事ってあるんだね。
子供を持てなかったことを残念に感じたこともあるけど、かえっていない方が諦められることもあるんだなって思った。
自分の子がEみたいな子だったら....イラナイもん ・⌒ヾ(*´_`)ポイ
続きを読む
スポンサーサイト
08 : 30 : 34 | その他 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
久しぶりの海....なんだか嬉しい1週間だった♬
2012 / 08 / 12 ( Sun )
放置に放置を重ねているブログ.....。
久しぶりに開いてみたけど、この暑さにもメゲズ腐ってなかった←アタリマエだけど(-_-;)

暑い暑い(;´Д`A....と、お題目のように毎日繰り返し言い続けるのにも、食傷気味になってきた。
でも.....暑いって、云っちゃうよねぇ~(汗)

大して内容の無いブログのアップなんだけど、ワンコさんの画像&動画&イケメン(;゚Д゚)!...で、許してやって下さいm(__)m

まずは、だびこさんのJJ「まさはる君が行く」ご出演 オメデトウ(^▽^)ゴザイマース
私も殿様も、JJの大ファン♬
なにしろ、美しい子なの(*´∀`*) 一度、逗子のお店にも伺おうと画策ちう♥
JJ_20120812141728.jpg

そしてそして10日の金曜日には、ツイ友のマンママーヌと万蔵君に会いに、千葉の稲毛海岸へ遊びに行ってきたよ(*´∀`*)
思い立って急に行くことにしたにもかかわらず、稲毛海浜公園までお出まし頂いちゃいました。
暑い中、本当にアリガト!(´▽`)

ツイでイメージしていた通りの、サッパリとしたお人柄♬
クリクリのお目目がキュートでチャーミングな女性なのよん。
正直、ツイを含めネットで知り合った方は爽やかな方々ばかり。
アホな事云って自分さらけ出しちゃってるから、肩に力を入れずにお付き合いできる感じがして、私は好きです(*´∀`*)

マンママーヌ....これからも細く長く、宜しくお付き合いくださいませね♬
素敵なご自宅で、アタシを飼って下さってもヨロシクッてよ ( ̄▽ ̄)
お庭の片隅に「Coleman」の簡易テント建てて、自分の部屋確保しますから(^-^)/

ぢゃっ....画像を複数お披露目して、スペース埋めちゃおうかな!?

ライフガードのお兄さんが、ちとイケメンでした♬
流石に正面から「1枚お願いしますぅ~♬」なんて、おばちゃん[´Д`]エンジン全壊は出来なかった。
アタシにも羞恥心は残っていたらしい....って、コノ写真は「盗撮」だよね....ヤバイ(^^ゞ
IMG_0040.jpg

海岸線に沿って、マンママーヌと万蔵君登場 \(^^@)/
IMG_0044.jpg

IMG_0176.jpg IMG_0083.jpg
IMG_0074.jpg
IMG_0077.jpg
IMG_0136.jpg
ご利益ありそうな「コーモン様&ご立派お稲荷様」も、ちゃっかり記録いたしましたのよ(´∀`*)
盗撮マニアの道に走りそうな気配......おばちゃん、違う世界に足を踏み入れたかっ!?



もう、正に「溺愛」です♬
「密着型
溺愛」そのものですのよぉ~(o´艸`)
IMG_0093.jpg  

殿様の画像もチョコっと.....結構恥ずかしいっす (//∇//)
アップ画像は、恐ろしすぎて見せられないっ。
IMG_0049.jpg IMG_0108.jpg

あぁ~~、画像をお披露目するだけで終わろうとしているアタシ..._(._.)_ 
暑すぎて、乏しい文章力が更に枯渇してしまいました。
書けない....今の私には書けないのよっ(T_T) ←オマエ何者!?

最後に、動画をねチョコッとお披露目してですね、お茶を濁して逃げちゃおうと思います!!


15歳にして、初めて泳いだ記念すべき日でございます(´∀`*)


最後は、万蔵君のレトリーブを!!



車で片道1時間、本当に良い気分転換になった1日♬
たまには、日常から離れないとダメよね.....。

海風が気持ちよくあまり暑さを感じずにいられたくらいだった。
帰りの車中、真剣に千葉に引っ越したくなった。
道路も整備されて街並みも綺麗だし、なにしろ海が近い!!
宝くじ当たったら、千葉に家建てる←ダイジョウブ....アタラナイカラ。゚(゚´Д`゚)゚。






15 : 15 : 26 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
今年の桜....まとめ♪
2012 / 04 / 14 ( Sat )
今日は、画像を載せ逃げしちゃいます オホホ(-^〇^-)


いつもの公園(東綾瀬公園/やざえもん橋)のお気に入りの桜。

IMG_0209.jpg

薄紅色の花びらが本当に可愛くて、毎年楽しみにしてる♪

IMG_0214.jpg

IMG_0215.jpg

ちょっと引いてみると、こんな感じ。
やざえもん橋、人が途切れるのを待つのがシンドかった(-_-;)


IMG_0211.jpg

橋の反対側の桜。

IMG_0212.jpg

この方、酔った時のアタシと同じ歩き方でございました。


IMG_0221.jpg

長年のお散歩仲間「ラッキー」。パパは地酒をメインに扱う「山野酒店/綾瀬」
のご主人。


IMG_0220.jpg

正面の極悪顔は見せられないので、後ろからコッソリ♪

IMG_0023.jpg 

水面に映る桜を狙ったけど、こんな結果(-_-;)

IMG_0019.jpg

そして最後に、今年15歳を迎えるぶぅ婆の勇姿。
来年も、一緒に桜を見ようね\(*⌒0⌒)♪


IMG_0021.jpg


今年も、みなさん色々とモノ想う桜をご覧になったと思う。
何はともあれ、来年も家族一緒に誰も欠けることなく、同じ桜を眺めたいと祈っています。

今日は氷雨の東京で、桜はとっくに「葉桜」となりました。
でも、来年も間違いなく見事に花を咲かせてくれます。
毎年毎年、力強く咲き誇り潔く散っていきます。
桜の花の強さには及びませんが、日々健康で、笑顔を忘れずに過ごせたらと願っています。


,,,,,なぢぇ!? 途中で文字色が変わってしまう!?
わからん ヽ(;´Д`)ノ










続きを読む
08 : 06 : 56 | その他 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
桜に....想うこと。
2012 / 04 / 11 ( Wed )
寒く長い冬が過ぎ、例年より少し遅めの春が東京にもやって来た。
"Spring has come"である。

春と言えば梅・桃・桜....。
勿論、他にも菜の花やタンポポやすみれ、沢山のお花が芽吹き、私たちを楽しませてくれる。
やっぱり、明るい日の光を浴びて輝くお花たちは素晴らしい。
生命が息づいていることを感じられるって、とても感動する。

人それぞれ、想い入れのある花や風景や食べ物、そして音楽ってあると思う。
過去に想いを遡らせ笑を浮かばせたり、切ない想いを蘇らせたり、体に漲る喜びや躍動感を瞬時にフラッシュバックさせてくれるモノ。

美しい四季に恵まれたこの国に暮らす私たちはそれぞれに、そんなナニカを必ず持っているのだと思う。
私は、とりわけこの”桜”に弱い。

入学・卒業・新しい生活や環境、多くの人の記憶の宝庫ともいえる季節。
私にとっては、切ない記憶の宝庫の季節。
一人の顔を鮮明に想い出す。
彼とは寒い季節に出逢い、桜の季節には離れなければなれにならないと分かっていた。
そして、その年の桜吹雪が私の心に焼きついた。

短い期間だったけど、彼には多くの事を教えられた。
心に沢山のコトを刻みつけてもらった。
"You should not give up, whatever it is"
"Believe in yourself"
私より、ずっと年下の彼が私に言い続けたこと。

彼が帰国する時に、時期が来たら彼の国へ来ないかと誘われた。
彼の家族も歓迎してくれるから、「是非、ヨーロッパで色々な勉強をしてみたら良いよ?」と、本気でプロポーザルされた。
大きく気持ちが揺らいだものの、一人っ子の私は決断できるわけもなく諦めた。

後に彼が大学を卒業し、祖父様が起業した会社を引き継ぐまで、彼は世界各国の企業でビジネス修行を重ね、Hong Kongで靴の会社を友人と共同で起業した。
出張で来日の際には、必ず連絡をくれた。
"Do you have some time for a dinner?"と連絡をもらっても、仕事を言い訳にして彼を避けた。
彼への想いを断ち切れずにいたから....会いに行けなかった。

数年が過ぎるうちに殿様に出逢い、現在に至る。
殿様には、彼の話を全て打ち明けた。
殿様と彼は、電話で話したこともある。
彼:「将来、お互いの家族全員で会えたら素敵だ? どぉ~かな!?」
殿:「いいねぇ~!!是非そうしよう。」
彼「僕もそれまでには結婚して、自分の家庭をもってるからね」
  「君の奥さん、僕の最愛のガールフレンドだった人を大切にして欲しいんだ」
殿:「大丈夫、僕にとっては最愛の妻だから心配はいらないよ」
  「君こそ、彼女に負けないくらいの女性に出会えることを祈ってる」

彼・殿:「お互い、将来の為に頑張ろう」
....そんな会話だった。

それから暫くして、連絡が途絶えてしまった。
心配になってHong Kongの会社へ電話をしたら、社長は病気で帰国したと言う。
病気のことを訪ねても、「詳細は分からない」との返答。
一大決心をして、拙いフランス語で彼の実家へ電話することになった。
本人か妹さんが電話口に出てくれれば英語で話せるけど、ご両親のどちらかなら.....やっかい(^^ゞ

いざ電話をしてみると、お母様が電話口に出てくれた。
私の名前と東京から電話をしていることを告げただけで、私が誰なのか分かってくれた。
とても喜んでくれて、彼の名前を呼ぶのが聞こえた。┐(´∀`)┌ヤレヤレ

電話口に出た彼は、以前の彼と同じように優しく気遣いのある話しぶり。
病気なんか感じさせない、以前と同じ彼の声。
ホンコン・オフィスへ電話したこと・病気だと聞いたこと・心配して自宅へ電話してみたことを、要約して伝えた。
「電話で話すと長くなる内容なんだよね、よかったらe-mailするけど、いいかな!?」との提案を受け入れメアド交換した。

数時間後に受信したメールに病気の詳細が書かれていた。
脳腫瘍....既に、二度の手術を受けていたこと・病気が原因で婚約者が去っていたこと・ホンコンの会社は共同経営者の友人に譲り治療に専念していること・化学療法は一切止めて民間療法に切り換えたこと......。
「僕は奇跡を信じているから、家族や友人、そして君の愛を信じているから大丈夫。こんな病気には絶対負けない」....彼はそう云って笑っていた。

二度の手術と民間療法の文面を見たところで、血の気が引いてしまった。
若く輝いていた彼が、大変な病魔と戦っている。
それも、勝つのが難しい....とても難しい病気。
私が殿様に出会う数年前、彼は脳腫瘍でお父様を亡くしている。
だから、病気の厳しさを良く知っていた。

返信するのに、翌日までかかってしまった。
何を書いたらいいのか、全く文面を考えることが出来なかった。
「あなたが回復するのを、ご家族の皆さんと同じ気持ちで信じている・あなたがとても強い人だってよく知っているから、あなたの云う事を私も信じている....」
そんな内容を文章にするのが精一杯だった。

その後もメールで連絡を取り合っていたけど、三度目の手術を受けてから連絡が途絶えた。
数ヶ月、音信がなかった。
怖くて電話も出来なかった。
勿論、メールの返信は来なかった。
意を決して、フランス語でご両親宛の手紙を書いた。
フランス人の友人に添削してもらって、どうにかこうにか書いた手紙。

一ヶ月ほどして、ご両親から手紙が届いた。
「勇敢に病と戦った私たちの息子は、今回は残念ながら病に負けました。風に乗って、天に上がって行きました。どうか、彼を忘れないで下さい。生前からの彼の強い希望で、Akikoから贈られた真珠と共に彼を埋葬しました。病の床にあっても、彼はよくあなたの話をしていました。将来、あなたのご家族と必ず再会するのだと....。パリにお寄りの際はご連絡下さい。彼の家族を紹介し、彼の育った家を見ていただき、その街をご案内させてください。きっと、彼もそうしたでしょうから....」
フランス人の友人ジョエルが、声を震わせ泣きながら読んで翻訳してくれました。

ご両親が同封してくれた写真。
出会った頃の少年っぽい面影を少し留めたまま、すっかり魅力的な青年になっていた彼。
化学療法の副作用で「ユル・ブリンナー」になっていたけど、優しく大きなブルーの瞳と長いまつ毛、そしてひょろりと長身の体つきは昔のままだった。
病気だなんて嘘みたいに、少し筋肉のついた健康そうな体つきだった。
家族でコルシカ島でバカンスを過ごしている彼の笑顔は、屈託なく輝いていた。

私が彼に最後にあった日は、晴天で満開の桜が少し散り始めた頃だった。
だから、彼の顔と一緒に桜も思い出す。
だから、私にとって桜は切ないお花。
IMG_0213.jpg

私のハンドルネーム:ディディは、彼の名前の頭文字。
殿様公認、「永遠に27歳の私の恋人」

そしてもうひとつ、ゴールデンのジョジョを公園で保護したその日、彼は風に乗って空高く登って行ってしまった。





15 : 41 : 44 | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
ドッグショーデビュー....私ですけどナニか!?
2012 / 03 / 20 ( Tue )
18日の日曜日、初めてドッグショーへ行った?
群馬県館林市役所前で開催されたドッグショー。
ネットで質問させて頂いて丁寧に色々なことを教えてくださったガーシュウィンさんと、その可愛い子達に会う為、引篭りの私が出かけたっ(;゚Д゚)!

私に負けず劣らず引篭りの殿様も”ゴルゴル見る為なら、拙者も行かずばなるまい(`・ω・´)”との事で、一緒にお出かけ?
一人で運転して往復するのは....”イヤだわぁ~(;´Д`)”なんて思ってたから、結構嬉しかった。
...ってか、やっぱり運転してもらった方が楽チンだもんねぇ~(´∀`*)ウフフ

そしてそして、念願の愛しい可愛子ちゃん達に逢えました(*'▽'*)♪
IMG_0039.jpg
メイベリンママと娘のアメリアちゃん?
アメリアちゃんの方が、少しボディーが大きい位だった。
アメリアちゃんはまだ生後13ヶ月なんだけど、とてもオットリした女の子。
ママのメイベリンちゃんもオットリさんで、二人ともとっても穏やかな可愛い優しい子達でした。

ぢゃっチョット手を抜いて、画像を連続でご覧下さい ( ^ω^)_凵 どうぞ
市松PIC
色んなワンコさんがテンコ盛で、ワンサカいました。
   
IMG_0082.jpg
なかなか綺麗な男の子でしょ♪
でもね、お知り合いのJ君の方が断然立派だよねぇ~(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
「出展したら、絶対一位間違いないっ!」って、殿様とも話してたんだよ。

ここから、
ガーシュウィンさんに連続登場していただきます。
IMG_0088.jpg IMG_0100.jpg IMG_0127.jpg IMG_0139.jpg IMG_0157.jpg IMG_0174.jpg IMG_0194.jpg IMG_0201.jpg
 

今回、惜しくもアメリアちゃんは入賞を逃してしまいましたが、正直、私と殿様の目にはアメリアちゃんの方が入賞した子達より全然美しい子に思えました。

そしてメイベリンママ....やってくれました (ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-
娘の無念を晴らずべく、見事2位入賞でしたのよ オメデトウ(^▽^)ゴザイマース


ガーシュウィンさんさんはバレェをしてらっしゃるので、その走りが軽やかで美しいの。
ワンコさんと一緒に、優雅にリンクを流れるように走るの。
リードーを持つ手まで優雅なのよぉ~♬
美しいコートが波打って、更に美しかったのよぉ~♥
感動しちゃうわよぉ~(。・_・。)


それにしても、画像がイマイチでして....申し訳ございません_(._.)_ 

初めてのドッグショーで、ネットでお付き合いの始まったガーシュウィンさんとも会うことが出来て、とても嬉しかった
そして、ガーシュウィンさんのお人柄を偲ばせる事を目の当たりにして、更に嬉しかった。

ガーシュウィンさんはブリーダーさんではなく、ハンドラーさんです。
ご自身の信じるゴルのラインを守る為のみに繁殖し、販売は
目的としていない。
代々女の子を一頭だけ残し、生涯に一度だけ繁殖させてラインを継承させているのだそう。
年少のアメリアちゃんが去年生まれたばかりだから、彼女の出産は後数年先の事になりそう。


この日も、ゴルの審査が行われるリンクから離れたところにターフを張り、静かな落ち着いた雰囲気の中で待機していらっしゃった。
リンクに入る前のウォーミングアップの時から、他のハンドラーさんとの違いが
素人の私達にも見て取れた。

ガーシュウィンさんは、表情豊かな笑顔でワンコさんとアイコンタクトを取る。
リードも力を入れて引いたりしない。
リンクに入っても、笑顔で頬ずりしていた。
あくまでも、ホンワカと優しく接する。
メイベリンちゃんもアメリアちゃんも、他のワンコさんより数段リラックスしている様に見えた。
本当にワンコさんが好きで、ゴールデンレトリバー種を心から大切に思っていることがにじみ出ている....って云うか、溢れてる感じ。
ガーシュウィンさんのご主人様も、同じ雰囲気をプンプン漂わせたお方
o_ _)ノ彡☆ばんばん
似たものご夫婦でした♬

一方で、一人のハンドラーさんが何頭ものワンコさんを出展する為、かなりの数のワンコさんを同伴している方も少なくなかった。
わんわん吠えるワンコさん達に「うるさいっヽ(`Д´)ノウルサイゾ!」って怒鳴ったり、ウォーミングアップで思い通りの動きをしないと強くリードを引張たり、足で蹴飛ばしたり.....見てはいけないものを見てしまった気がした。


憶測でしかないけど、そんな人達はなぜショーに出展するのかって考えたときに、ゾッとする考えに至ってしまった。
出展して賞を獲得し、繁殖させたらパピーに高値を付けさせる為なのだろうか....なんて思った。

もちろん、
ガーシュウィンさんみたいにラインの存続と、その確認の様な意味合いで小規模で継続出展する、良心的なハンドラーさんの存在も事実であると思う。

会場で見かけた怪しげな人達....ブリーダーさんかハンドラーさんかは、私には分からない。
でも、その人達に関わってしまったワンコさん達が気にかかる。
しっかり愛されて、健やかに穏やかに暮らせることを祈って止まない。


ガーシュウィンさんと知り合って、初めての世界に足を踏み入れさせてもらった。
そして、心からワンコさんを大切にしている
ガーシュウィンさんを拝見して、次の子が来ら....と、更に色々と思いを馳せているのでございます(#^.^#)

今度は、分からない事があれば
ガーシュウィンさんに教えてもらえるもんね♬
TVじゃ「シーザーの”犬の言葉わかります”」もやってるし、次の子が来るまでタップリお勉強して、手ぐすね引いて待ってるんだもぉ~ん(*´∀`*)

さぁ、次のゴルパピーちゃんディディの元へ( ´∀`)ゞ イラッシャーイ




17 : 07 : 21 | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。